住宅ローン、2件目も組める?審査基準は?

思い出処分をしていたのですが、やはり一番の思い出といえば今住んでいる家です。
家族との思い出がいっぱい詰まった家なので、このまま残したいのですが、
もしかすると主人が転勤になるかも。

そしたらどこかへ引越ししないと。
これを機会にもう1件家を買おうかとも話しています。

だけど住宅ローンって2件目も組めるのでしょうか?

住宅ローンは主人任せで全く知らないので、ちょっと調べてみることにしました。

住宅ローンを借りるということ

住宅を買うにあたって、多くの人はまず物件予算がいくらかを考えることになります。物件が決まったとしても、その物件以外にも他にいいものはないかなど調べて、それから最終決定をする流れになると思います。そして住宅ローンを組むにあたって金融機関に相談に行くのが一般的でしょう。

住宅ローンを組むとなるとさまざまな契約をすることになります。団体信用生命保険や特約付きの保険にも入ることになるでしょう。もしも自分の身に何かあった際に借入金を返せなくなったりすることがないように入るものですし、金融機関が負担するものもあるので、しっかり説明を聞きましょう。

また住宅ローンを借りてからも、毎月どれくらい返済が進んで、残高がどれくらいかということも通知され、簡単に商会ができます。借りたら終わりではなく、しっかり把握して、返済計画を立てておきましょう。ボーナス月は多くしたり、頭金を多くしておいたりすると、返済も少し楽になります。

理想の家と現実の住宅ローン

家を購入する際まず必要なのは、支払うための多額の現金です。一括払いで購入できる現金があるのなら、利息を支払う必要もなく理想的な購入になります。しかし現実は多くの人達が甘くはない審査に通って住宅ローンを組み、支払うために仕事を頑張ったり家計の消費を抑えたり涙ぐましい努力も必要となります。

そこでより安く住宅を買おうと考え、裁判所での競売物件に参加しようとする人達がいます。人間は同じ位の価格なら、よりよい物件を求め倍率は高くなり落札する事は容易ではありません。ようやく落札ができたと一安心しても占有屋がいた場合、法律用語集住自在に扱えるだけの能力がすくなくともなければ、これまでの推移を情で理解賜るよう訴えたとしても相手はプロなので暖簾に腕押し状態となります。

こういった状況になると、時間も無駄に浪費され弁護士を雇う事で金銭的負担をさらに負わなければなりません。

住宅を購入する際は慎重の上に慎重という気構えと調査・勉強が必要となります。

住宅ローン、2件目も組める?審査基準は? こういうこと知りたいのですがなかなか2件目の情報ってないですね。